×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

低血圧と低血圧の症状

低血圧は高血圧症に比べるとあまり病気として扱われていない感がありますが
・めまい
・倦怠感
・頭痛
これらは低血圧が原因で起こる不快な症状で可能なら改善したいと誰もが思うところでしょう。
低血圧の特徴を挙げると
・朝起きるのがつらい
・午前中は集中力がない
・体がだるい
こういった症状があります。
一般的に低血圧と判断されるのは
・最高血圧が100mmHg以下
この状態だと低血圧と判断されますが単純に数字だけを見るのではなく
低血圧によって起こる不快な症状が問題といえるでしょう。
低血圧の原因を挙げると
・体質の問題
・遺伝
・食生活
・精神的ストレス
こうしたものがあげられますが、
病気によって起こる血圧の低下、めまいや倦怠感については根本の病気治療が先決です

低血圧と貧血

低血圧と貧血の相違について。
低血圧と貧血はその症状がお互い非常に似ていて区別がつきません。
しかしながら低血圧と貧血は原因が全く異なるところから起因し、
その改善方法もそれぞれ違います。
貧血が起こるのは多くの場合、鉄不足によって血液中の赤血球、
またはヘモグロビンが減少するために起こります。
血液検査をすれば血液中の赤血球やヘモグロビンの量は分かります。
街中で献血をして検査結果を送ってもらうこともできます。
低血圧はが起こるのは血液のめぐりがスローで、
体の部位によっては血流の量そのものが少なくなる状態です。
低血圧の場合、急に立ち上がったりしてめまいが起こるのは
血圧が急に下がることが原因です。

低血圧を改善するには

低血圧の症状は薬で一時的に改善することができます。
とはいえ根本的な原因を治さないといけません。
食事や運動、ゆとりをもった規則正しい生活で改善に向かうことができます。
低血圧の場合、朝、布団から出るのが往々にしてつらいもの。
布団の中で動かすあけでも血のめぐりをよくすることができます。
起きあがる前に体を伸ばしたり縮めたり伸ばしたりしてみましょう。
これだけでも体中に酸素と栄養がいきわたって体が目覚めてくるものです。
朝は体がだるく、食欲がない。
そういう理由で朝食を抜くのは逆効果。
最初は少しでも結構です。
消化のよいもの、温かいものを食べるよう心がけてください。
加えて適度に運動を続けることで血液のめぐりがよくなります。
散歩やストレッチなら続けられますよね?
軽い運動でよいので体を動かす量増やすよう心がけましょう。
ただし、低血圧の場合には急に立ち上がったり運動したりすると
めまいや立ちくらみが起こしてしまうことがあります
ゆっくり、そして無理をしない。
これが基本です。

Copyright © 2007 低血圧の症状と改善